物事を俯瞰(ふかん)してみよう

その他
スポンサーリンク

皆さんこんばんは!

今回は前回のブログを始めたきっかけにもでてきた俯瞰(ふかん)という言葉に焦点を当てていきます

 

例えば・・・

なにか失敗して落ち込んだときや

失恋してきまったときなどに効果的です

 

それでは早速その言葉の意味と捉え方を覚えちゃいましょー!

きっとあなたの視野や世界観を広げてくれますよ\(^o^)/

 

俯瞰(ふかん)とは・・・

「高いところから見渡すこと」

つまり

「広い視野で物事を見る」

ということです

 

これをするとどうなるか?

簡単に言うと

全てが些細なことのように思えます

 

分かりやすく例えてみる!

 

地球を想像してください

途方もない大きさですよね

その途方もない大きな地球に住む我々人間は

地球からすれば米粒以下の存在です

その米粒以下の存在の悩み事など取るに足らない小さなこと、ということです

 

地球規模の世界から見れば全然大したことじゃない!

 

もっと言えば、あなたの悩みなんて先人はとうの昔に経験済みであり、万人が経験すること

だから全然大丈夫!

あなただけじゃないですよ!

 

もいっこ例えてみましょうか

皆さんナスカの地上絵ご存知ですよね?

普通に地上を歩くだけではその全貌は愚か、形状を示す線すら線とは気づきません

だけど近すぎてなにがなんだか分からない地上絵も

上空という遠くから見ることで初めてどんな絵なのか理解することができます

一見なんてことないことも、俯瞰で見えてくるものもあるということです!

 

恋人だってそうですよ

ずっと傍に居る人は、離れて初めてその人の大切さに気付きます

 

かなり端的にまとめましたが伝わったでしょうか(;´・ω・)

 

俯瞰(ふかん)はときに重要なことを教えてくれます

ふとなにかに行き詰ったとき、この記事を思い出していただければと思います

それではまた!(^◇^)

コメント