短編小説ー五月の朝ー

奇稿
スポンサーリンク

私は塞ぎ込んでいた。

甘ったるいほどに向けられていた私への眼差しは、気づけば姿を消し、以来私に向けられることはない。

 

なんとなく、それは雰囲気で分かっていた。

貴方ではなく、暗雲とした彼が傍に居たからだ。

 

いまだ未練がましい私に、彼は一杯の水をくれる。

「ほどほどにしなよ。」

私を諭すように、消えた貴方に代わって私に寄り添う。

 

暗雲とした彼が居る時は、決まって貴方はいない。

最近は彼が居座り続けていて、私を嗜めてばかり。

 

「もう少し休んだほうがいいよ。」

「無理したっていい結果にはならないよ。」

「僕がいる限り大丈夫だから。」

 

待てど暮らせど一向に姿を見せない貴方を他所に、私はその言葉に甘え。

気づけば心身共に私を侵食した。

 

傍に居る時間が長い程、私が求めていた存在は彼なのでは、と。

 

けれど暗雲とした彼の言葉は次第に気怠くなっていった。

満たされてなお繰り返される呪文のような言葉に、いつしか私は何も感じなくなっていた。

気づかぬうちに見切りをつけ、違う方向に進んでいた。

 

私は彼に別れ話をする。

 

けれど彼は聞いてくれなかった。

一方的に来ては甘い言葉と水を置いていく。

 

飽和した甘い言葉と水では酔えず、嫌悪と吐き気が込み上げる。

疲弊していく私がいた。

 

そんな私を観て、彼は激情した。

 

私はうんざりした素直な言葉を伝える。

「五月蠅いなぁ」

と。

 

それを口にしたとき、彼が悪魔になった。

私の友を二つに割き、火をつけたのだ。

 

私も同じ道を辿るのだろうか。

恐怖を目の前に、彼に抗えない自分が見えた。

 

私にとって彼は、とどのつまり必要な存在なのではないかと感じ始めていた。

 

・・・

 

暗雲とした彼がいるにも関わらず、よく私にちょっかいをかけてくるのは通りすがりのシャイな彼。

彼は私にそっと触れて姿も見せずに去ってゆく。

 

私が望むタイミングを熟知するかのように完璧な彼の行動は、疲れ果て蹲った私に安息をもたらす

共に寄り添う上で、とても心地がいい彼が好きだ。

 

しかし時には彼と喧嘩をする。

 

彼は一度怒ると止められず、猟奇的に私の首を捥ごうとする。

そのときばかりは私も死を覚悟する。

 

なんせいつ終わるかわからない。

2日なのか、3日なのか。

それでも私は耐え続け、一つの答えに行き着く。

 

彼は本気で私を殺めようとはしていない。

気が済んだらそっと私に触れる彼に戻る。

私は単に彼の機嫌が悪かったのだと思い、全てを許す。

 

そうすることで私は寛大な自分に酔い、胸中には優しい彼だけが残った。

首を捥ぐかもしれない彼と再び会える日を心待ちにしている自分がいた。

 

・・・

 

暫くすると無の彼が現れた。

なにもかも包み込んでくれる彼はとても心地がいい。

塞ぎ込む私を気にかけ、なにも聞かないで寄り添ってくれる。

 

その姿は暗雲とした彼以上であり、私を見透かすような彼の存在に身を預けた。

私も彼を包もうと必死で手を伸ばすけれど、その手が彼に届くことはない。

それでも互いに同じ思いであることに満たされる感覚を覚えた。

 

けれどあまりの静寂に不安がよぎることもある。

 

はたして私は本当に包まれているのか。

いつまで続くのか。

彼はなにを思うのか。

 

今日も私は自問自答を繰り返す。

そして巡る思考に更ける頃、闇の彼は姿を消し、貴方が顔を出す。

 

・・・

 

私は貴方を待っていた。

身も心も大きく広げ、貴方に全てを委ねる。

どの彼とも比較にならないほどの幸福感が私を支配する。

 

私はこのために生まれてきた。温かい陽に包まれ満たされる私は、確かに永遠とも思える幸せを掴んだ。

 

貴方の光はその時が来るまで私を包み続けた。

貴方が居ればそれでいいのに。

 

そんな思いとは裏腹に、時が来れば貴方はあっさりしている。

なんの未練もないかのように私を手放す。

 

いっそ清々しい程に分別された私は。

 

また塞ぎ込み、貴方の気を惹こうとする。

そうすることでしか貴方に思いを伝える術がない。

 

少しの間もなく貴方が去れば、また彼らが顔を見せる。

 

私はぽっかりと空いた穴を埋めるように彼らをまた愛し、多くの水と、日々の静寂と、優しい感触を享受するのだろう。

そして在らん限り背伸びをして、貴方と再会する日を待つ。

 

 

私はアサガオ。

うねる思いを空へと伸ばす。

貴方にだけ笑顔を見せる、素直な私。

コメント