【ドコモ】新作だって定価以下!dブックのキャンペーンでお得に本を読もう

お得情報
スポンサーリンク

今回はドコモのdブック電子書籍についてです。

皆さんはひと月あたり何冊の本を購入しますか?

僕は5冊以上買っています。
(キャンペーンを利用して20冊以上購入することも)

一番安いコミック約400円でも5冊買うと2,000円は消えることに…。

ゆっぱぱ
ゆっぱぱ

新作本でもお得に購入する方法ってないのか…?

そんな考えからたどり着いたdブック。

dブックを知って以来、本屋で買うよりお得なので電子書籍が中心になりました。

そして僕のスマホには現在約550冊ほどが収納されています。

・なんとなく習慣で紙媒体を使っている。
・電子書籍はよくわからない。
・できるだけ安く本を買いたい
・ドコモだからせっかくならまとめてお得にしたい。

以上の方にオススメの内容となっています。

【dブック】お得に本が読める電子書籍

dブックは電子書籍としてドコモが提供するコンテンツの一つです。

ドコモSPモード契約またはdアカウントがあれば会員登録不要で利用可能。

dブックの利用料金は無料で、スマートフォンやタブレットで本が読めます。

またdアカウントは誰でも登録できるため、ソフトバンクユーザーでも使えます。

・ドコモ契約(ドコモユーザー)でなくても使える
・dブックは利用料金無料
dブック(電子書籍)の特徴は以下になります。

dブックのメリット・デメリット

紙媒体をなんとなく利用の方には、特にdブックを使ってもらいたい!

というわけでメリットやデメリットを一覧化してみました。

[メリット] …◎最高 …○良い
◎ポイント還元率が高くdポイントがたまる。
◎dポイントで支払いしてもdポイントが溜まる。
◎本の置き場に困らない。
○汚れや劣化がない。
◎暗闇でも読める。
◎dブックは無料の試し読みが3000冊以上ある。
○買いづらい本も気兼ねなく買える。
○本を捨てる手間がない。
○売り切れや在庫切れがない。
◎操作ひとつで購入、気になる続きがすぐに読める。
◎重い本を持ち歩くことなく何冊も読める。
◎紙媒体よりもお得に買える。

特に

☑ポイント還元率が圧倒的
☑暗闇で読める

☑続きがすぐに読める

この3点は最強。

僕は娘を寝かしつける時、布団を被って本を読んでいます。

また、連載本の場合は続きが気になりますよね。
わざわざ買いに行かなくてもワンクリックで決済、続きが読めるのは嬉しい!

お得であれば尚のことです。

お次は気になるデメリット!

[デメリット] …△良くない …×致命的
現金購入ができない。
△カートがなく1冊ずつの購入となる。
売ることができない。(返品・返金不可)
×端末の電池がなくなったら読めない。
△海外では利用できない。(日本国内のみ)
書籍の取り扱いがない場合がある。
×一部商品は新刊でも電子化が遅いことがある。
×友達や知り合いとシェアしたり、プレゼントができない。
△機種変更した場合、再ダウンロード(別途通信料はかかる)が必要。
(一部商品は再購入が必要)

どうしても電池制限はつきものです。

また、シェアできないのはうまく作られてるなぁと感心します。

再購入は僕の場合なかったので極めて一部と思われます。

実際のdポイントキャッシュバック

こちらは過去2月にあったキャンペーンのdポイントキャッシュバックです。

読みたい本がたくさんあったので12,000円分くらい購入。

しかしその半分の6,000円がキャッシュバックされました。
またキャッシュバックされたdポイントは他のコンテンツでも使えるのが魅力的。

読みたい本がなければ機種変更の補てん、またはdトラベルやdデリバリーで消費しましょう!

 

以下は最近のキャンペーンでもらったポイントです。
(鬼滅の刃を大人買いしました‼)

dブックリニューアルについて

2021年2月よりdブックがリニューアルしました。

リニューアル後の変更点は以下のとおりです。

■dブックマイ本棚【旧dブックアプリ】から本が買えなくなった。
→新サイトへ誘導となります。
■1/31日以前に購入した本は新アプリで再ダウンロードが必要。
■2/1以降に購入した本はdブックマイ本棚【旧dブックアプリ】では読めない。
(Android版のみ)
新規ユーザーdポイント50%還元アリ

実際に購入の流れまで試してみましたが、まだまだ改善の余地アリといった感じです。

ドコモ側も認識しており調整中。

以前として還元率は圧倒的なので利便性が向上すると良いですよね。

dブック利用準備-リニューアル版-

それではさっそく利用してみましょう!

手順を踏まえて進めていきます。

【dブック利用の手順】
ドコモSPモード契約かdアカウントを登録。
(アカウントがある方は②から進めてください)

②アプリ「dブック」をダウンロード。
(ダウンロード後はすぐに利用可能!)

↓↓以下よりdアカウント登録とアプリのダウンロードが可能です。


dアカウント登録は上部、dブックダウンロードは下部にあります。
対応機種はdブックダウンロード下の「サポート情報」一覧にあるので事前にご確認ください。

ゆっぱぱ
ゆっぱぱ

dブックは登録不要なのでこれだけで本が読めます!

【重要!】購入前には必ずキャンペーンにエントリー

じゃあ本を買うぞー!!

…とその前に。

お得に買うためにキャンペーンにエントリーしましょう。

詳細はサイトトップページのキャンペーンから確認できます。

↓↓リニューアルで分かりづらくなったので以下を参考にしてください。

①アプリを開く。(左が旧・右が新です)
②ページの右上(メニュー)を開く。
(dアカウントのログインは先に済ませてください)
③一番下の「dブックストア」を開く。
④キャンペーンボタンからエントリー。
エントリーを忘れるとキャッシュバックされません。
また、キャンペーンが複数の場合はそれぞれにエントリーする必要があります。

特定の決済方法で初めて適用される場合や、キャンペーンによって期間も異なります。
dブックデーのように最短で1日間限定ということも…。

本を購入する前に必ずチェックしてエントリーしましょう。

以下にこれまで読んだゆっぱぱのオススメ本を紹介しておきます。

オススメの本一覧(主観)

男女に分けますがどちらにもオススメの場合は両方に載せています。

男性向け
コミック悪の華 / ワールドトリガー / 食戟のソーマ / 隣の悪女 / アカメが斬る! / 5分後の世界 / 我間乱 / 魔法少女サイト / うなぎ鬼 / アビス / 魔法少女・オブ・ジ・エンド / 血界戦線 / 刃牙道 / ドメスティックな彼女 / 東京闇虫シリーズ / それでも僕は君が好き / 史上最強の弟子ケンイチ / グレイプニル / ROUTE END / おやすみカラスまた来てね。 / 終わりのセラフ / 喰いしん坊! / シガレット&チェリー / 五等分の花嫁 / ケンガンアシュラ / ケンガンオメガ / 血の轍 / 鬼滅の刃 / クレイモア / 破天荒遊戯
ライトノベルダンまちシリーズ / 大英雄が無職で何が悪い / THE NEW GATE / ゴブリンスレイヤー / 灰と幻想のグリムガル / ロードス島戦記 / 無職転生~異世界行ったら本気出す~
小説すべての神様の十月 / Another / 死神の精度 / イノセント・デイズ / 朝が来る / 億男 / アイネクライネナハトムジーク / 青い鳥 /旅のラゴス / ビタミンF / コンビニ人間 / 人間失格 / GOTH / きみにしか聞こえない
新書(ビジネス等)多動力
女性向け
コミックあなたのことはそれほど / おやすみカラスまた来てね。 / シジュウカラ / フルーツバスケット / 最遊記
ライトノベル十二国記
小説すべての神様の十月 / Another / 男ともだち / 朝が来る / イノセント・デイズ / アイネクライネナハトムジーク / 私の男 / コンビニ人間 / GOTH / きみにしか聞こえない

ライトノベルには小説家になろうサイトで公開しているものがあります。

無料で読めるのでオススメですが、マンガ化したものは違った躍動感があって楽しめます。

お好みに合わせて読んでください!

dブックの現在のお得なキャンペーンをは以下となります。

【dブック】4月のお得なキャンペーン

はじめてdブックご購入の方限定 dポイント50%還元

○新規ユーザーは特にお得

ご新規さん向けのキャンペーン。

まだ還元率は高いため使ってみるなら今がチャンスです。

購入額の半分が返ってくるので2冊買えば1冊無料です。

△注意点

月ごとに要エントリー、月ごとのポイント上限が5,000ポイントです。
過去のポイント上限は10,000~100,000ポイントが中心でした。

最近はYoutube広告でも見かけるのでユーザー増加の見込みです。
今後は還元率が渋くなる予想がされますので利用する方はお早めに!

※他のキャンペーンと重複不可の場合があるのでご注意ください。

↓↓こちらからご利用できます。

[毎週土曜日限定]20%ポイントバック

dブックデー 毎月10日・20日・30日はポイント20倍

エントリー3日前から出現するようになりました。

お得に買うならdブックデーに購入がオススメです。

重複不可のキャンペーンがあるため事前にご確認ください。
重複不可の場合は還元率の高いキャンペーンが優先されます。

キャンペーンはそれぞれにエントリーが必要です。

過去のキャンペーンも残しておきます。
繰り返し復活するキャンペーンなどあるのでご参考程度にどうぞ!

過去のキャンペーン

【2020年2月~2020年12月】

2020/2月~
年/月キャンペーン期間
2020年
2月
ギガホ・ギガライト契約者
最大80%ポイントバック
2020/1/1~2020/2/29
講談社の小説・実用書全作品
最大70%ポイントバック
2020/1/6~2020/1/31
2020年
3月
最大80%ポイントバック2020/3/1(1日限定)
2020/3/28~2020/3/29
dマガジン会員限定
最大60%ポイントバック
2020/3/1~2020/3/31
2020年
4月
集英社全作品対象
最大60%ポイントバック
2020/4/17~2020/4/30
2020年
5月
準新作対象
最大50%ポイントバック
2020年
6月
毎週土曜日
最大50%ポイントバック
2020/6/1~2020/6/30
dマガジン会員限定
10%ポイントバック(併用可)
2020/6/1~2020/8/31
2020年
7月
講談社コミック全作品対象
最大70%ポイントバック
2020/7/11~2020/7/19
コミック全作品対象
最大60%ポイントバック
2020/7/23~2020/7/26
2020年
8月
双葉社全作品対象
最大60%ポイントバック
2020/8/13~2020/8/31
講談社全作品対象
最大60%ポイントバック
2020/8/28~2020/8/31
2020年
9月

dマガジン会員限定
10%ポイントバック(併用可)
2020/9/1~2020/10/31
講談社の小説・実用書全作品対象
最大80%ポイントバック
2020/9/1~2020/9/3
2020年
10月

KADOKAWA全作品対象
最大70%ポイントバック
2020/10/21~2020/10/29
dTV会員限定
最大50%ポイントバック
2020/10/9~2020/10/31
毎週土曜日
最大50%ポイントバック
2020/10/1~2020/10/31
2020年
11月
9周年

3ストア(dマガジン/dアニメ/dTV)
会員限定最大40%ポイントバック
2020/11/1~2020/11/30
dブックデー全作品対象
ポイント40倍
10日/20日/30日
2020年
12月

dブックデー全作品対象
ポイント30倍
10日/20日/30日
毎週土曜日
10%ポイントバック
2020/12/1~2020/12/31

【2021年1月~2021年3月】

2021/1月~
年/月キャンペーン期間
2021年
1月

はじめてdブックご購入の方限定
60%ポイントバック
2021/1/1~2021/3/31
講談社 全作品対象
20%ポイントバック
2020/12/23~2021/1/31
dアニメストア会員限定 冬アニメ マンガ・ラノベ
90%ポイントバック
2021/1/5~2021/1/31
2021年
2月
はじめてdブックご購入の方限定
60%ポイントバック
2021/1/1~2021/3/31
2021年
3月

はじめてdブックご購入の方限定
60%ポイントバック
2021/1/1~2021/3/31
全作品対象
50%ポイントバック
2021/3/1~2021/3/9
dブック購入者限定
ギガホプラン変更で4,000ポイント
2021/3/1~2021/3/31
全作品対象
40%ポイントバック
2021/3/26~2021/3/31

【補足】dマガジンってなに?

定額制のオプションとなっています。

現在お申し込みをすると31日間無料となりお得!

また、今なら以下のweb入会から登録をするとdポイントが400円分もらえます。

いちおしパックに加入していると一部無料となるdマガジンですが、正規加入すると読み放題。

ゆっぱぱ
ゆっぱぱ

雑誌をよく購入する方は正規加入がお得だと思いますよ!

電子書籍の気になるQ&A

そのほか利用するにあたって気になる点をまとめておきました。

◇【データの保管先】

クラウド(インターネット上)に購入履歴が残り、外部メモリ(microSD等)または内部メモリ(端末)のどちらかを選択して保存します。

◇【インターネットに関して】

既に外部メモリや内部メモリにダウンロードして保存していれば、インターネットに繋がなくても読むことが可能。

【支払い方法】

ドコモのサービスなので方法は多数あります。

月々のドコモケータイ払いとして決済に含めたり、dポイントで支払えます。

支払い方法によってはポイント付与の有無があるのでご注意ください。

また、電子取引のため現金払いは不可です。

[支払方法一覧] …※はドコモ回線契約者のみ利用可 …☆ポイント付き
決済方法詳 細
dコイン[dブック]・[dミュージック]・[dゲーム]で使える独自のデジタルコイン。逆にいえばこの3つしか使えない。
※2020/9/15日に廃止
※☆ドコモ払い月々のドコモケータイ払いの決済に合算。
上限額設定なども可能。
☆dポイントポイントでのお支払い。
dポイントから購入分を差し引きます。
dポイントが足りない場合は決済不可となります。
※☆dカード/DCMXdカードのクレジットで決済します。
引き落とし日は毎月10日です。
☆クレジットカードVISA・MasterCard/JCB・AMEXが利用可能。(海外のクレカ会社が発行したものは不可)
登録したクレジットカードで決済します。
引き落とし日はカード会社によって異なります。
※☆ドコモ口座払いドコモの口座をお持ちの場合はそちらから引き落としします。

◇【ドコモ払いに関して】

※2019/8/28日から実施
ヤフーニュースでも取り上げられましたが、ドコモ払いの不正被害において過去にまで遡り補償するという規約に新たに改定されました。

これまではフィッシング詐欺などにより漏えいした情報からの不正利用に対しては全くの補償がなかった大手3社ですが、ドコモがいち早く制度を導入。

安心してドコモ払いが使えるようになったということ!

◇【機種変更に関して】

機種変更した場合、購入済みの書籍はアプリから再ダウンロードが必要です。

dブックの詳細には一部商品はダウンロード期限が設けられているとの注意書きがあります。

一定時期を過ぎたときは再購入と…。

しかし僕の場合は約550冊全てにおいて再購入はありませんでした

そのため再購入対象は極めて一部の作品と思われます。

dブックリニューアル後のオススメ設定とQ&A

使っていて気になったことをまとめてみました。

少しでもお役に立てたら幸いです。

≪端末の空き容量を増やしたい≫

不要な本があれば削除して空き容量を増やしましょう。

 

1.三本線よりメニューを開き「ダウンロード設定」を選択。

 

2.「ダウンロードコンテンツ削除画面へ」を選択。

 

3.削除したい本を選択(複数可)して削除ボタンで完了です。

コンテンツサイズ分の容量が確保できます。

 

また、保存先はSDカードがオススメです。

基本設定では[本体メモリ]が選択されています。

同じく「ダウンロード設定」にあるのでこちらも変更しておきましょう。

≪購入履歴などから本を非表示にしたい≫

dブックに編集モードという機能が追加されました。

分かりづらいので以下を参考までに。

 

1.マイ本棚より[もっと見る]を選択。

 

2.[編集]ボタンがあるのでクリックします。

 

3.非表示にしたい本を選択(複数可)して[書庫に入れる]をクリックでOK。

※非表示なので容量は使用しています。
本当に不要な場合はダウンロードコンテンツより削除後、非表示を推奨します。

一度非表示設定するとdブックアプリからは戻せず、dブックサイトより変更が必要です。

≪マイ本棚の表示をシンプルにしたい(操作性を早くしたい)≫

こちらも最近追加された機能です。

画像の表示が少なくなるため読み込みが速くなります。

またデータ通信量が抑えられるのでオススメ!

 

1.「シンプル本棚」をクリックしてONにするだけです。

 

以下のように整った表示になって見やすい。

dブックを退会・解約するには?

dブックは会員登録不要で利用できるサービスです。

そのため退会や解約といった手続きは一切ありません

不要になったらdブックのアプリをアンインストールでOKです。

また、購入した本はdアカウントに紐づいています。

dブックのアプリを再インストールすれば再度本を読むことができます。

dブックとKindleを比較してみる

dブックに欲しい本がないとき、Kindleで探すと見つかったりします。

そこで取り扱いや機能面の違いを比較してみました。

 
 dブックKindle
取り扱い約68万冊約600万冊以上
読みやすさ・リニューアルで改善
・ビュー機能が多い
お得感・キャンペーン豊富
・ポイント還元 高
・キャンペーンが少ない
・ポイント還元 少
読み放題×・なし・あり

≪取り扱い≫

洋書なども含んでいるためKindleが圧倒的に多いです。

dブックは新書や自己啓発本が少ない印象。

コミックの品揃えは体感的にあまり変わりません。

≪読みやすさ≫

Kindleにある本の目次ごとにジャンプする機能やしおり機能。

それらはdブックのリニューアルで克服されたため、機能面に関しては差が埋まりました。

≪お得感/読み放題≫

Kindleもたまに50%OFFなどありますが、限られた本のみという場合が多いです。

キャンペーンの頻度も還元率もdブックが圧倒しています。

しかしdブックには定額制の読み放題プランがありません。

ゆっぱぱ
ゆっぱぱ

僕は定額だと無理して読むので不向き。

読まないと損してる気分になるんだよなぁ…。

ぺごぱ
ぺごぱ

読む本のジャンルや頻度でKindleが向いている人もいるだろうね。

まとめ~dブックは作品や状況で使い分ける~

電子書籍は便利ですが書籍に劣る部分も必ずあります。

特に一部新刊は電子化が遅いこと。

これは一定の割合で紙媒体で売りたいという意図が絡んでいるので避けられません。

 

そのため併用することをオススメします。

 

気になる本の電子書籍化が遅い場合は紙媒体で買ってしまいましょう。

そのほうがストレスも溜まらないので僕はそうしています。

また、古本屋は人気の新刊ほど高く、50~60円安いだけ。

特定の作品や商品が欲しい場合は在庫がなければ無駄足になりかねません。

それならば新品で購入もアリかなと思います。

うまく活用してお得に本を読みましょう!

それではまた~

コメント