奇稿

小説

スポンサーリンク
奇稿

超短編小説ーお菓子ー

ふたりで開けたお菓子の袋。真新しいパッケージとフワリと鼻孔をくすぐる甘い香りに、我を忘れたかのように飛びつく。1つ目をそれぞれ手に取って、顔を見合わせると口の中に放り込んだ。舌の上で転がる甘味は多幸感とともにじんわりと広がって、身体のどこかに溶けた。
スポンサーリンク